消費者金融!計算して計画的に

消費者金融を利用する際は計算と計画性が大事!

キャバクラ通いで300万あった借り入れ残高をやっと100万に1本化

若い頃にキャバクラの女遊びに夢中になり、かなりの金額を貢ぎました。 そういうお店に行くようになったのは、当時の取引先の社長に連れて行ってもらったのが きっかけでした、もう20年近く前でしょうか。
結婚して3年目ぐらいで、子供も幼稚園に通うようになり、 妻もパートに出るようになった頃でした。

それまでキャバクラなどにはまったく行ったことがなかったので、 若くてきれいな女性と遊べるのがとても楽しくて、どんどんハマッていきました。 最初の半年ぐらいは、小遣いの範囲で月に2回ほどでしたが、お気に入りの娘Y子と 良い仲になってしまい、週に3回は同伴して夜中までという生活が3ヶ月ほど続きました。 給料も半分以上はつぎ込んでしまうようになり、生活費がギリギリの日々。

妻はとっくに気が付いていたようでした。
ある日、印鑑を押してある離婚届をおいて、息子を連れてどこかへいってしまいました。

別れるつもりはなかったので、 キャバクラ通いを一切やめて気持ちを入れ替えてやり直したいと、 妻に謝ったのですが受け入れてもらえず。 3ヶ月の別居期間を経て、4年間の結婚生活にやむなく終止符を打つことにしました。

別れたショックと一人暮らしの寂しさと

仕事は続けていましたが、妻と息子と別れたショック、ひとりになってしまった寂しさから、 毎晩飲み歩いていました。キャバクラには寄り付かないようにしていたのですが、 ある日、お店の近くで他の客と同伴出勤するY子と偶然会ってしまったのです。

Y子は私がお店に来なくなったことをそれほど気にしているわけでもないようで、 「あら、お久しぶりです。元気ですか?」なんて言ってました。 この日をきっかけにまたキャバクラ通いが復活してしまいました。

Y子はとても喜んでくれて、以前よりもべったりでほぼ毎日同伴で、 私も帰ってもだれもいない我が家へ帰るよりも、 Y子のところへ泊まることがほとんどの毎日。 時計やバッグやドレスなどをプレゼントするために、給料のほとんどをつぎ込んで、 さらに飲み代のために消費者金融で借入れ、最初は50万円あった限度額も すぐにいっぱいまで達してしまいました。でもなんとか返済だけはしていたので、 すぐに限度額は増額になって100万円。

しかしこの限度額も使い果たすまでにそれほど時間はかかりません。
離婚してから1年後には150万円の借金にまで膨らんでいました。

それでもY子との関係はあいかわらずで、私もこの関係が続くものと思っていました。 2社目の消費者金融から50万円、100万円と借りて あっという間に借金は全部で250万円。

まだこのころは総量規制などなかったので、当時年収300万円ちょっとの私でも バンバン貸してくれたのです。

Y子とはほぼ毎日一緒にいましたが、金の切れ目が縁の切れ目。 他にもっと貢いでくれる男が現れたようで、突然店をやめて私の前から姿を消しました。 あとで聞いた話ですが、その男に貢いでもらって、もっと高級なクラブで働いていたようです。

私に残ったのは2社からの借金300万円だけ。 毎月きちんと返しても利息が高くて、元金はぜんぜん減りません。 このころになってなんてバカなことをしたのかとやっと気付かされました。 離婚してから2年半、本当に反省しました。

妻とは息子には2度と会わない約束で、養育費も払わない約束でしたが、 やはり3人で幸せだったあの頃のことが忘れられません。どうにかヨリを戻したいと、 妻、いや元妻ですね。に連絡をしました、会いにいくのは反則だと思い、 手紙と電話だけで時間をかけて話し合いました。

息子の小学校入学と同時に養育費を支払い始めました。月10万円です。 お金はないんですが、せめてお金の面だけでも苦しい思いをさせたくないと思ったのです。 最初は元妻もずっと拒んでいましたが、最終的には受け入れてくれました。

息子が中学生になった頃に、やっと会うことが許されました。 およそ10年ぶりの息子との再会、この日のことは絶対に忘れないでしょう。

毎月10万円は実際のところ本当に辛かったです。それからもさらに6年。 12年間の養育費ですからね、まあ自業自得といえばそれまでなんですが。 追加の借入れもちょこちょこしていたので、300万円あった借金がやっと 100万円になったのは、つい最近のことです。

100万円の借入れを銀行で1本化

養育費は息子が高校を卒業するまでという約束でした。 それでも仕事は当時と同じ職場で、なんとか続けてこれたので、 12年前よりは年収も増えました。 この100万円の借入れを銀行のまとめローンを利用して1本化しました。 月々の負担も楽になって、返済も一箇所になってだいぶ楽になりました。

そして昨年の春、息子が無事高校を卒業したのと同時に再婚しました。 もちろん元の鞘です。 高校を卒業したので、約束どおり養育費の支払いの必要もなくなりましたが、 これからは一緒に暮らせるのです。
息子が大学に行く費用が必要なので、また頑張って働こうと思っています。

だいぶ時間がかかってしまいましたが、 妻と息子と3人で暮らせる日々がまたやってきました。 これまで一緒に暮らせなかった分、 2人のためにも平和で幸せな家庭を築けたらと願っています。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融!計算して計画的に. ALLRIGHTS RESERVED.