消費者金融!計算して計画的に

消費者金融を利用する際は計算と計画性が大事!

消費者金融との契約を解約する?

消費者金融からカードローンでお金を借りていたとします。
全ての借金の返済が終わればそれで完済となりそのあとは
返済の義務などは生じなくなるのです。

しかし今後その消費者金融からお金を借りるつもりがないのでしたら
解約をする必要があります。

完済した後、利用しないのであれば解約を

カードを使っている場合ですとカードをシュレッダーにかけて
捨ててしまえばいいのではと思うかもしれませんがそれではいけないのです。

というのもカードを捨てても消費者金融との関係を断ち切ることができないからです。
契約の解約をしない限りは消費者金融からセールスの電話などが
掛かってくる可能性もあります。

住宅ローンの審査に影響するかも

そして一番厄介なのは住宅ローンなどの契約をする場合です。
住宅ローンの契約をするときには住宅ローン会社はその方が
借金をしていないかどうかを調べます。

もしも消費者金融会社と解約をしていなければ
借金をしているものと同じようにみなされて、
住宅ローンの審査に落ちてしまう可能性があるのです。

解約をしなければまたいつでもお金が借りられる状態だからです。
いくらカードを捨ててもそのことまでは住宅ローン会社も分かりません。

消費者金融に限らず、キャッシングの契約は住宅ローンに影響を与えます。
詳しく解説しているページがこちらにありましたので参考までに。

危険もあります。

消費者金融を利用することは怖いでしょうかで利用した際の怖いところの
話しをしたのですが、返済後で怖いのは捨てたカードから偽造されてしまう
可能性があるという点にあります。

もしも何者かが偽造をしてしまえば全く覚えのない
借金をさせられてしまうこともあるのです。

ですのでもう二度と借りる予定がないなら消費者金融と解約の契約をしてください。
まずは消費者記入に解約の手続きをしたいということを言います。
そうしますと消費者金融会社から解約のための書類が送られてくるのです。
これに必要事項を記入して消費者金融に郵送すればいいだけなのです。
もしもまた借りたければそのときに再び契約をすればいいのです。

一度解約をしたからといって二度と申し込みができないということはありません。
もしもそのままカードを持ち続けるというのでしたらカードは
金庫などに入れて盗まれないようにしなければいけません。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融!計算して計画的に. ALLRIGHTS RESERVED.