消費者金融!計算して計画的に

消費者金融を利用する際は計算と計画性が大事!

キャッシングで貸金業者から150万を借りる方法

150万円を借りるときにが、銀行か貸金業者に申し込む方法があります。
現在貸金業者は貸金業法の改正によって、総量規制の定めに従わなかればなりません。
「個人向け貸し付け」に関して収入の3分の1を越える貸し付けを
行ってはならないという規制めです。
この法律に反して貸し付けを行った業者は行政処分の対象となりますので、
貸金業者は健全な営業活動のために、この法律を厳守しています。

総量規制の対象となる場合、150万円キャッシングするには年収が450万円以上必要。

まず150万円を貸金業者のキャッシングの利用で借入を行おうとするならば、
少なくとも450万を超える収入が必要となります。
しかしこれは他社に借入が全くない状態での話です。
他社に借入がある場合にはその残金と今回借り入れ希望金額との合計が
収入の3分の1を超えない範囲となります。

提携している信用情報機関にある情報と照らし合わせて、
キャッシングの審査を行うこととなります。
もし自分の上限範囲を超えないようであれば、
キャッシングが出来る可能性が高くなります。
しかし貸金業者の中には自社の貸し付けを「50万円まで」と
決めている業者もありますので、もし1件からキャッシングを行いたいというのであれば、
150万円以上の貸付を行なっている業者を選択しなければなりません。
貸金業法においては自社の貸し付けが50万円を越える場合には、
収入を証明する書類の提出が求められます。
また他社と合わせて150万円を越える場合にも同様の証明書類を求められますので、
このケースでは1社で借りようと2社になろうと、
必ず1回は提出が必要ということになります。
貸金業者であっても担保を求められる商品の利用や、銀行に申し込む場合には
総量規制の対象外となります。
収入を加味して貸金業者では可能性が低いということであれば、
銀行の利用を検討しましょう。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融!計算して計画的に. ALLRIGHTS RESERVED.